2019年3月20日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

電気学会全国大会で「災害と電気」議論/北海道電力藤井副社長、セコマ社長ら登壇

2019/03/14  2面 

パネル討論に参加した藤井副社長(右から2人目)
パネル討論に参加した藤井副社長(右から2人目)
 電気学会(山口博会長)は13日、全国大会の一環として北海道のブラックアウト(エリア全域の大規模停電)を踏まえた社会インフラのリスク軽減策を議論するシンポジウムを札幌市の北海道科学大学で開いた。約250人の参加者を前に、北海道電力の藤井裕副社長や電力広域的運営推進機関(広域機関)の内藤淳一理事らが講演。パネル討論も実施し、リスク軽減にかかるコストを供給側と需要側でバランスよく負担することや、対策の目的を明確化することの重要性を確認した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事