スマートグリッドEXPO2019
2019年2月22日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]中部電力・火力発電所マップ

2019/02/12  7面 

◆引き続き安定供給に貢献

 中部電力は供給力全体の8割以上を火力発電が占めており、中部エリアの安定供給を支えている。同社の火力総合熱効率は2017年度で48.94%(低位発熱量基準)と、国内トップレベルの水準だ。各現場で熱効率の向上に努め、燃料費の削減と競争力強化を図っている。2019年1月末時点で同社が保有する火力発電所は、建設中を含め計10カ所、総出力は約2545万キロワット。このうち石油火力1カ所、石炭火力2カ所、LNG(液化天然ガス)火力7カ所となる。今年4月には既存火力発電事業が、東京電力フュエル&パワー(F&P)との合弁会社JERAに統合される。これまで培った技術・知見を生かし、引き続き安定供給に全力を尽くしていく構えだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事