スマートグリッドEXPO2019
2019年2月22日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

東電同窓電気、厚労省「安全衛生優良企業」に継続認定

2019/02/07  7面 

神奈川労働局の三浦局長(左)から認定通知書を受け取る町田社長
神奈川労働局の三浦局長(左)から認定通知書を受け取る町田社長
 総合電気設備業の東電同窓電気(横浜市、町田和義社長)はこのほど、厚生労働省から「安全衛生優良企業」(継続更新の2回目)の認定を受けた。安全衛生優良企業は、労働者の安全や健康の確保に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善している企業を厚労省が審査し認定するもの。2015年度に公表制度が始まった。これまでトヨタ自動車や堀場製作所など全国で33社が認定されているが、電気設備業界で認定を受けているのは東電同窓電気が唯一となる。
 1月30日には、横浜市の厚労省神奈川労働局で認定通知書の交付式が開かれ、神奈川労働局の三浦宏二局長から認定通知書が手渡された。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事