2024年7月24日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・テクノロジー

ヤマハ発動機、アルミ鋳造を水素へ燃料転換/静岡に実証施設

2024/07/11 4面 

建設する水素実証施設のイメージ
 ヤマハ発動機は10日、水素ガスを燃焼させてアルミニウム合金の溶解や鋳造後の熱処理を行う実証施設を、森町工場(静岡県森町)に建設すると発表した。鋳造工程で排出される二酸化炭素(CO2)は同社のCO2排出量の約4割(スコープ1、2合計)を占める。燃料を水素ガスに転換することで、大幅なCO2削減を図る。2025年にも実証実験を始め、品質への影響を検証するほか、バーナーの温度制御など必要な技術を開発する。
 森町工場は二輪車や船外機の外装品など、比較的小規模な鋳造品を手掛けている。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください