2024年7月24日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

1万円札、肖像が渋沢栄一に交代/故郷の市長が「引き継ぎ式」

2024/07/04 1面 

新紙幣発行を記念し、深谷市の小島市長(前列右から3人目)、中津市の奥塚市長(同4人目)と渋沢栄一にゆかりのある企業、自治体の代表らが集まった(3日、東京都中央区)
 新紙幣の発行が3日始まり、1万円札の肖像が福沢諭吉から渋沢栄一に代わったのを受け、それぞれの故郷・出身地である大分県中津市の奥塚正典市長と埼玉県深谷市の小島進市長が同日、都内で引き継ぎ式に臨んだ。小島市長は「学者・商人という立場から、人のため世のため日本のために尽力した2人の精神を今後も広めていきたい」と訴えた。
 1万円札の「顔」が刷新されるのは40年ぶり。東京都中央区の東京証券取引所で開かれた式典で、奥塚市長は「2人には多くの共通点があり、共に近代化の立役者だ。新紙幣の発行を機に両市が連携を深め、地方の活性化につながれば」と期待を込めた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください