スマートグリッドEXPO2019
2019年2月22日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

電柱を活用し路車間通信/関西電力など4社、自動運転見据え実証

2019/01/30  1面 

歩行者の接近を検知してドライバーに注意を促す表示に変わったLED掲示板
歩行者の接近を検知してドライバーに注意を促す表示に変わったLED掲示板
 関西電力、パナソニック、ゼロ・サム(京都市、菊池力社長)、トヨタIT開発センター(トヨタITC、東京都港区、今井孝志社長)は29日、大津市で、電柱に設置した情報通信機器で自動車との路車間通信を行う技術実証を今月30、31日の2日間実施すると発表した。公道の電柱を活用した路車間通信の技術実証は全国で初めて。将来、自動車の自動運転が実用化されることを見据え、事故を未然に防ぎ、安全な自動運転社会の実現を目指す。
 実証は大津市内で信号がなく、見通しの悪い三差路1カ所が対象。車の往来が多い道路と細道が合流している。合流地点付近にある関電の電柱2本を活用し、合流地点の手前にある1本にはLED掲示板と無線機器を設置。合流した地点の先にあるもう1本には、レーダーやWi―Fiの基地局、無線機器を設置する。自動車には受信機などを搭載し、歩行者役もGPS(衛星利用測位システム)付きのレシーバーや無線機器などを携帯する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事