2024年7月18日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

エネ庁、「同時市場」巡り中間報告/導入で電源運用最適化

2024/06/20 1面 

電力市場における同時市場の位置付け
電力市場における同時市場の位置付け※クリックで拡大します
 経済産業省・資源エネルギー庁は19日の有識者会合で、「同時市場」の概要、論点の中間報告をまとめた。ここまでに整理した約定ロジックの方向性、発電事業者の入札規律、電源運用方法などを記載。同時市場は再生可能エネルギーが拡大する中で供給力と調整力の最適化、系統混雑緩和、市場価格安定化などが見込めるとして、導入に「大きな意味がある」と示した。委員から賛同を得たが、今後は発電機の運用特性など実態を踏まえた整理が必要などの意見が出た。

 エネ庁と電力広域的運営推進機関(広域機関)が開いた供給力(キロワット時)と調整力(デルタキロワット)を同時約定させる「同時市場の在り方等に関する検討会」(座長=金本良嗣・政策研究大学院大学客員教授)で報告した。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください