2018年12月16日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

デジタル化で効率向上/鹿島、名古屋市内の建築現場で新技術導入

2018/12/07  7面 

ロボット技術を使った外装材の取り付け作業
ロボット技術を使った外装材の取り付け作業
 鹿島はICTやロボット技術の活用と施工管理のデジタル化を進め、2025年度までに建築工事で生産性の30%向上を目指す。鹿島が開発・設計・施工を手掛けるオフィスビル「(仮称)鹿島伏見ビル」(名古屋市)の新築工事で、施工ロボットや管理ツールなど18項目の技術・システムを導入。過去に手掛けたオフィスビルに比べ「作業員の延べ労働時間を25%程度短縮した」(鹿島)と成果を挙げつつある。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事