2024年7月13日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

先物市場、現物と連携強化を/経産相検討会、事業者から要望聴取

2024/02/19 3面 

 経済産業省は16日開いた「電力先物の活性化に向けた検討会」(座長=大橋弘・東京大学大学院教授)で、関西電力子会社の関電エネルギーソリューション(Kenes)と、enechain(エネチェイン)からヒアリングを行った。Kenesはリスクヘッジを目的に東京商品取引所(東商取)の電力先物を活用していると説明。取引拡大には「ヘッジ会計」の適用が必要とし、制度面の手当てを求めた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください