2024年7月13日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

国交省、労務単価5.9%引き上げ/過去10年で最高の増加幅

2024/02/19 13面 

◆上限規制の対応反映
 国土交通省は16日、公共工事の予定価格積算に用いる2024年度以降の「公共工事設計労務単価」について、全国全職種平均で前年度比5.9%増の2万3600円に改定すると発表した。12年連続の増加で、引き上げ幅は過去10年で最高という。建設業で4月に適用される時間外労働上限規制の対応に必要な費用を反映している。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください