2024年7月13日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

アンモニア燃料・輸送船を世界初建造、26年竣工へ/日本郵船など4社

2024/01/26 3面 

◆最大95%混焼狙う

 日本郵船、ジャパンエンジンコーポレーション(兵庫県明石市、川島健社長)、IHI原動機(東京都千代田区、村角敬社長)、日本シップヤード(同、前田明徳社長)の4社は25日、世界初となるアンモニア燃料アンモニア輸送船の建造を正式決定したと発表した。重油に加えて、積載したアンモニアを航行燃料にできる船舶を建造し、温室効果ガス排出量を80%以上削減することを目指す。今後は2026年11月の竣工を見据えて、主機・補機の製造、建造に向けた詳細検討、運航マニュアルの整備などを進めていく。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください