2024年7月13日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

東電PGと東電物流、撤去電柱を住宅基礎に/新規事業で、ヤマダホームズが採用

2024/01/25 2面 

 東京電力パワーグリッド(PG)と東電物流(東京都品川区、石川文彦社長)は24日、使用期間を終えて撤去した電柱などを一戸建て住宅の地盤改良材に使う新規事業を始めたと発表した。撤去電柱を住宅基礎に使う事業は電力業界で初めて。東電PGエリアだけで撤去電柱は年間9万8千本(2022年度)におよぶ。これまでは費用を払って路盤材などにリサイクルしていたが、今後は収益への貢献が期待できる。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください