2018年11月21日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

規制委、火山灰保安規定審査の考え方を明確化/DG機能維持対策など

2018/11/08  2面 

 原子力規制委員会は7日、火山灰対策に関する保安規定変更認可申請の審査について、考え方を整理した。経過措置期限内の認可に向け、現在、PWR(加圧水型軽水炉)5サイトが審査中。非常用ディーゼル発電機(DG)の機能維持時間について見解を示したほか、タービン動補助給水ポンプについて、扱いを整理した。きょう8日に予定される審査会合で事業者に伝える。審査への影響について、原子力規制庁は「補正申請が必要になるかは分からない。審査で確認する」としている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事