2018年11月21日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

規制委、東海第二の運転延長を認可/「被災」「BWR」で初

2018/11/08  1面 

天野安全管理調査官(右)から認可書を受け取る和智副社長(7日、東京・六本木)
天野安全管理調査官(右)から認可書を受け取る和智副社長(7日、東京・六本木)
 原子力規制委員会は7日、日本原子力発電東海第二発電所(BWR、110万キロワット)の運転期間延長を認可した。原子炉等規制法(炉規法)による40年の運転期間満了日である今月27日までの取得が必要とされた一連の許認可手続きはこれで完了。炉規法で「40年運転制限」が定められて以降、運転延長が認められるのは関西電力高浜発電所1、2号機、美浜発電所3号機に続く4基目。BWR(沸騰水型軽水炉)、東日本大震災による被災プラントでは初めてとなる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事