2018年11月21日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

北海道エリア卸市場取引停止、インバランス精算が焦点に

2018/10/17  1面 

◆2通りの不足補給に単価差/過度な負担避け対応柔軟に
 北海道エリアの卸市場取引が停止されていた期間中、一般送配電事業者から小売電気事業者に補給された電力の費用精算が課題になっている。現行ルール上はインバランス料金と決まっているが、インバランス量をどう見積もるかによって単価は大きく変わる。この問題は、総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)の電力・ガス基本政策小委員会で来月上旬にも議論される見通し。小売電気事業者と一般送配電事業者のどちらか一方に負担が偏らないようにできるかが焦点だ。
 北海道胆振東部地震後の需給逼迫を受け、日本卸電力取引所(JEPX)は北海道エリアのスポット取引を6日(7日受け渡し)から20日間停止した。この間、小売電気事業者は北海道電力から不足電力の補給を受けて需要家に供給した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事