2018年11月21日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]中部電力浜岡原子力発電所

2018/10/15  9面 

◆国内初、BWR廃止着々と

 中部電力浜岡原子力発電所は安全性向上対策に取り組む一方、1、2号機では商用稼働していたBWR(沸騰水型軽水炉)プラントとして国内初となる廃止措置を着実に進めている。廃止措置は第4段階まであるステップのうち、現在は第2段階の中盤に差し掛かっている。重厚長大な電力設備の解体撤去を進める上では、膨大に発生する廃棄物を適正に処理することが重要だ。本特集では廃止措置部廃棄物管理課の業務内容や、そこで働く社員の姿を紹介するほか、廃止措置の近況を紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事