2018年12月10日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

中国電力女子卓球部、2年連続で国体準優勝/後期日本リーグで初V目指す

2018/10/11  5面 

準優勝に輝いたメンバー。左から松岡監督、成本選手、宋選手、庄司選手(ニッタクニュース提供)
準優勝に輝いたメンバー。左から松岡監督、成本選手、宋選手、庄司選手(ニッタクニュース提供)
 広島県代表として第73回国民体育大会卓球競技(成年女子の部)に出場した中国電力女子卓球部は3日、決勝戦で地元・福井県代表に1対3で敗れたものの、準優勝に輝いた。準優勝は2大会連続。松岡俊志監督は「2年連続で2位となったことを県民とともに喜びたい。後期日本リーグは初優勝を目指す」とコメントした。
 大会は敦賀市総合運動公園体育館(福井県敦賀市)で開催された。広島県代表として出場したのは宋恵佳選手(広島営業所企画総括課)、庄司有貴選手(広島営業所ネットワークサービス総括課)、成本綾海選手(広島統括セールスセンター販売推進第一課)の3人。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事