2018年12月13日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]関電システムソリューションズ

2018/10/11  6面 

◆電気事業を知り尽くしたSIer/ノウハウ獲得へ、さらに挑戦
 関西電力の基幹情報システムを半世紀以上にわたって運用し、関電の電気事業を支えてきた関電システムソリューションズ(KS―SOL、大阪市、山元康裕社長)。同社は変化するシステム開発スタイルに対応すべく新ビジネス領域の調査、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けた新技術の検証・人材育成など新たなノウハウ獲得に向け取り組みを進めている。今年4月には同社初の企業買収(M&A)を実施。子会社化した企業の商材なども活用して外販売上高を高めるとともに、関電のシステム開発・運用から培ったノウハウを生かし、新電力向けのシステム「NISHIKI」を売り出すなどグループ外販拡大に注力している。本特集では、電気事業を知り尽くしたSIer(システムインテグレーション事業者)として挑戦を続けるKS―SOLの現況を紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事