2018年10月23日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

炭素繊維強化プラスチック、電気使って急速加熱/中部電力などが新装置

2018/10/10  3面 

過熱水蒸気と電気ヒーターを組み合わせた「HDサーモII/CP」
過熱水蒸気と電気ヒーターを組み合わせた「HDサーモII/CP」
 中部電力は9日、豊電子工業(愛知県刈谷市、盛田高史社長)と産業用CFRP(炭素繊維強化プラスチック)向けの急速加熱装置「HDサーモⅡ/CP」を共同開発したと発表した。過熱水蒸気と電気ヒーターを組み合わせて加熱することで、従来の遠赤外線式加熱装置と比べて加熱時間を大幅に短縮できる。15日に豊電子工業から発売し、年間50台の販売を目指す。
 今回開発した「HDサーモⅡ/CP」は、約400度の過熱水蒸気を約500度の電気ヒーターで昇温しながらCFRPを効率的に加熱。厚さ2~5ミリのCFRPをプレス加工するために従来の遠赤外線式加熱装置で約5~10分必要だった加熱時間が、約30~90秒まで短縮できる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事