2018年9月22日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

事務系社員が鉄塔昇降体験/東光電気工事、現場との一体感育む

2018/09/14  7面 

昇塔後、手を振る余裕を見せる参加者も
昇塔後、手を振る余裕を見せる参加者も
 東光電気工事は10~12日の3日間、同社保有の研修施設「つくば研修センター」(茨城県つくばみらい市)で送電鉄塔の昇降体験会を行った。高所作業の危険性を体験することが目的で、同社の事務系社員を対象としたのは初めて。本社と首都圏4支社から約100人が参加した。
 昇塔体験は高さ24.0メートルの1号鉄塔、28.5メートルの2号鉄塔を使って実施。講師が安全帯の締め方、昇塔時の注意点などを一通り説明した後、参加者は一人ずつ頂上を目指して慎重に歩を進めた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事