2018年9月22日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

中部電力、出張者用に執務空間/テレワーク見据え250席用意

2018/09/03  3面 

 中部電力は働き方改革の一環で、在宅勤務をはじめとするテレワーク制度の導入に向けた検討を進めている。先行事例として本店や電力ネットワークカンパニーの各支社、営業所に、他事業所からの出張者などが業務を行える執務スペースを用意。「サテライトオフィス」と呼び、同社全体で延べ約250席を確保し、各席には社内LANなども配備している。
 将来のテレワーク導入を見据え、自宅から遠方の部署に所属する社員が自宅近くの事業所で働けるようにするなど、労働組合との協議も踏まえた上で制度の作り込みを急ぐ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事