2018年9月22日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

川崎重工、鹿島南共同発電から10万キロワットGTCCを受注

2018/08/21  4面 

鹿島南共同発電に納入するガスタービン「L30A」
鹿島南共同発電に納入するガスタービン「L30A」
◆20年夏頃の運開予定
 川崎重工業は20日、鹿島南共同発電(茨城県神栖市、野田寛章社長)から10万キロワット級コンバインドサイクル発電プラントの建設工事を受注したと発表した。機器の供給・据え付けから土木・建設工事までを請け負うフルターンキー形式の案件で、受注額は非公表。ガスタービンや排熱回収ボイラーといった主要機器は全て川崎重工製を採用する。運転開始は2020年夏頃の予定。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事