2018年10月16日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

東北電力、宮城・東松島市でまちづくり元気塾/健康テーマに地域活性

2018/08/13  5面 

地域活性化に向けたプロジェクトについて意見を交換したワークショップ
地域活性化に向けたプロジェクトについて意見を交換したワークショップ
◆地元団体の企画支援
 東北6県と新潟県で人口の減少や流出が続く中、宮城県東松島市で新たな地域活性化プロジェクトが始動した。東松島市で活動する有限責任事業組合まざ~らいん(三浦美和子代表)が東北電力の支援を受けながら、活性化プロジェクトの企画を立案したからだ。「健康」をテーマに掲げ、ヨモギといった地域の魅力を生かした製品づくりやサービス開発に乗り出す方針だ。
 活性化プロジェクトの企画を詰めるため、まざ~らいんのメンバーは東北電力の支援を受けて3回のワークショップを開き、意見を交換した。最終回となる3回目のワークショップは7月に開催。まざ~らいんのメンバーと東北電力社員ら約25人が参加し、3班に分かれてワークショップを行った。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事