2018年8月19日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

中国電力、島根3号機の安全審査を申請/建設中では2基目

2018/08/13  1面 

小野安全規制管理官(左)に申請書類を提出する中国電力の北野副本部長(10日、東京・六本木)
小野安全規制管理官(左)に申請書類を提出する中国電力の北野副本部長(10日、東京・六本木)
◆2号機優先の意向
 中国電力は10日、島根原子力発電所3号機(ABWR、137万3千キロワット)の新規制基準適合に向け、原子炉設置変更許可申請書を原子力規制委員会に提出した。中国電力が新規制基準適合性審査を申請するのは2013年12月の島根2号機(BWR、82万キロワット)以来となる。建設中の原子力プラントとしては、14年12月に申請したJパワー(電源開発)大間原子力発電所に続き2基目となる。
 同日、中国電力の北野立夫常務執行役員・電源事業本部副本部長が申請のため、原子力規制庁を訪れた。申請受領に当たって、規制庁の小野祐二・実用炉審査部門安全規制管理官は、先行する2号機と今回申請の3号機どちらの審査を優先させるかについて、中国電力の希望を確認。北野常務執行役員は2号機を優先させる意向を伝えた。小野管理官は、今回の申請概要を確認するための審査会合を近く開催する考えを示した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事