2018年8月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

島根原子力安全審査、基準津波確定は持ち越し/中国電力、論理性補強へ

2018/07/23  2面 

 原子力規制委員会は20日に開いた第605回審査会合で、中国電力島根原子力発電所を取り上げ、基準津波を議論した。自主的に設置している防波堤の有無が、基準津波選定にどういった影響を与えるか、中国電力が検討結果を説明。加えて、日本海東縁部の津波について、パラメータースタディーを再度行ったが、規制委から論理性の欠如を指摘され、基準津波確定はまた次回以降に持ち越しとなった。
 島根は今年2月に基準地震動(Ss)が確定。基準津波が確定すれば、地震・津波側の審査はほぼ収束し、プラント側の審査が本格化するとみられる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事