2018年8月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

電気学会、40年ぶりに送電鉄塔の設計標準改正へ

2018/07/20  9面 

自然災害の知見や新たな評価手法を採り入れた設計標準への改正を目指す
自然災害の知見や新たな評価手法を採り入れた設計標準への改正を目指す
◆自然災害や新知見を反映
 電気学会が今年度から、「送電用支持物設計標準」(JEC―127)の改正作業に着手した。国が定める電気設備の技術基準(電技)とは別に、学会の立場から準拠すべき「鉄塔設計の考え方」を示した指針だが、前回改正の1979年から40年が経過している。このため、この間に起きた台風や地震などの自然災害による被害を踏まえた新たな知見や評価法を新標準に反映する。2015年制定の「テクニカルレポート」(TR)をベースに本改正を目指す。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事