2018年8月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

[旬景]東電エリアで自由化後の最大更新/午後2時台、5462万kW

2018/07/18  1面 

東電PGエリアでは電力小売り全面自由化以降のエリア最大需要を更新。東京・銀座では日傘や帽子・タオルでアタマを覆う人の姿も目立った
東電PGエリアでは電力小売り全面自由化以降のエリア最大需要を更新。東京・銀座では日傘や帽子・タオルでアタマを覆う人の姿も目立った
 連休明けの17日、日本列島は広い範囲で真夏日となり、朝から気温が上昇した東京都心(千代田区)では午後1時までに34.8度の高気温を観測した。東京電力パワーグリッド(PG)エリアの最大電力は、午後2時台に5462万キロワット(速報値)となり、2016年4月の電力小売り全面自由化以降のエリア最大需要を更新した。ピーク時供給力は6020万キロワットで、使用率は90%だった。
 17日の東京・銀座では、日傘や帽子、タオルで頭を覆うなどの暑さ対策をして歩く人の姿が目立った。全国で30度以上の真夏日となった所は全観測点の7割弱(午後2時時点)となり、冷房需要が伸びた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事