2018年8月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

経済DR、国内初の発動/東電EP、エナジープールとの提携で

2018/07/17  1面 

 東京電力エナジーパートナー(EP)は13日、デマンドレスポンス(DR)事業者のエナジープールジャパン(東京都港区、市村健社長)と組み、小売事業者としての需給最適化を狙いとしたDRを初めて発動した。太陽光の発電量が落ちる夕方に燃料費が高い石油火力を動かす代わりに、大口需要家に節電を促すことで同時同量を達成し、環境負荷低減とコスト削減につなげた。需給逼迫時の調整力としてではなく、経済効率を目的としてDRを本格活用したのは国内初の試みだ。
 業務提携するエナジープールジャパンが、大口需要家に指令を出す実務を担った。東電EPによると、13日午後4時から午後7時までの3時間、DRを発動し、最大約9万7千キロワット、平均約9万キロワットのネガワットを創出した。DRに参加した約40件(計約10万キロワット)の需要家には、契約に基づき、東電EPから対価が支払われる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事