2018年7月21日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

「一歩先見据え行動を」/中部電力・勝野社長、技術系新入社員を督励

2018/07/12  3面 

水力運転実習室で研修中の新入社員を激励する勝野社長(右)
水力運転実習室で研修中の新入社員を激励する勝野社長(右)
 中部電力の勝野哲社長は11日に同社人財開発センター(愛知県日進市)を訪れ、現地で研修中の2018年度技術系新入社員を督励した。勝野社長は毎年この時期に同センターを訪れており、新入社員への督励は4回目。252人の新入社員を前にあいさつした勝野社長は「同期と寝食を共にすることは会社生活の中で貴重な財産となる。安全と健康を第一に様々なことを学び会社生活の礎としてほしい」と激励した。
 今年度入社した技術系新入社員は、全部門合わせて321人。このうち同センターでは現在、火力、送変電、配電部門の各研修所で新入社員が集合教育を受けている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事