2018年9月21日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、発電機の検査ロボット開発/精密点検を大幅に短縮

2018/07/11  4面 

東芝が開発したタービン発電機の検査ロボット
東芝が開発したタービン発電機の検査ロボット
 東芝エネルギーシステムズは、タービン発電機の精密点検にかかる期間を従来より半減できる検査ロボットを開発した。発電機内部でロボットの走行を妨げる固定子のバッフルという部品を回避しながら走行可能。回転子を引き抜かなくても検査が行えるため、期間を大幅に短縮できる。東芝はタービン発電機の実機で試運転を進め、2019年4月に点検サービスを開始する予定。このサービスは他社製品も対象とし、国内外で展開する方針だ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事