2018年9月21日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

諭吉、桃介の軌跡たどる/岐阜県博物館、明治150年で企画展

2018/07/11  5面 

大井ダム建設時の写真など貴重な資料が展示されている
大井ダム建設時の写真など貴重な資料が展示されている
 岐阜県博物館(岐阜県関市)はマイミュージアムギャラリーで、明治150年を記念した企画展「諭吉から桃介へ~日本近代化の軌跡~」を開いている。福澤諭吉の養子であり、日本初の水力ダム式発電所となる大井ダムの建設に携わって「電力王」とよばれた福澤桃介氏の生誕150年に合わせて開催したものだ。期間は16日まで。
 展示室には福澤諭吉の著書である「学問ノススメ」や「西洋事情」「文明論の概略」を並べてある。関西電力と中部電力が所蔵する大井ダム建設時の写真や自筆の書といった桃介氏に関連した資料など、合わせて約100点を閲覧することができる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事