2018年7月21日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

米コーブポイントLNG、関電が初の受け入れ/堺市に着桟

2018/07/09  3面 

堺LNGセンターに着桟する「LNG JUROJIN」
堺LNGセンターに着桟する「LNG JUROJIN」
 関西電力は6日、大阪府堺市の堺LNG(液化天然ガス)センターで、米国メリーランド州コーブポイントLNGプロジェクトからのLNGを初めて受け入れた。関電グループは同プロジェクトから年間約80万トンを調達する計画。2017年度実績で換算すると、関電のLNG年間調達量のうち、1割程度を占めることになる。関電の長期契約は4カ国・9プロジェクトとなり、調達先の多様化が進んでいる。
 関電のLNG輸送船「LNG JUROJIN(ジュロウジン)」は米国東海岸から約1カ月かけ、同日午後1時半頃に同センターに着桟。到着後は雨が降る中、作業員らが慎重に揚液作業を行っていた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事