2018年9月21日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

大飯3、4運転差し止め取り消し/「理性的」判決、リスクに歯止め

2018/07/06  1面 

◆名古屋高裁金沢支部/司法でなく政治的判断を
 関西電力大飯発電所3、4号機の運転差し止めを周辺住民らが求めた訴訟の控訴審で、名古屋高等裁判所金沢支部(内藤正之裁判長)は4日、関電の勝訴となる逆転判決を下した。内藤裁判長は、大飯3、4号機の具体的危険性の有無の判断について、「社会通念上無視しうる程度にまで管理されている」と評価。原子力の安全に「ゼロリスク」を求めた一審判決を明確に否定し、原子力規制委員会が下した判断を合理的とする極めて妥当な判決となった。
 一審判決は、憲法上の「人格権」が全てに優先するとした上で、東京電力福島第一原子力発電所事故のような事態を招く具体的な危険性が万が一でもあれば、運転差し止めが認められるべきと指摘。これに対し、内藤裁判長は、現行の法制度に照らして「原子力発電所の運転に伴う本質的・内在的な危険があるからといって、それ自体で人格権を侵害するということはできない」と断じた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事