2018年9月22日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

東海第二安全審査、工認説明行程を再調整

2018/06/29  2面 

◆耐震様式変更などで資料作成遅延
 原子力規制委員会は28日に開いた第593回審査会合で、日本原子力発電東海第二発電所を取り上げ、工事計画認可(工認)の審査スケジュールを確認した。原電は6月末までに主要項目の説明を終える予定だったが、5月17日、6月14日の会合で一部項目を「7月末まで」に変更した。加えて、今回は資料作成の遅延で「7月末まで」の項目が、さらに増加すると説明。頻繁な計画の変更に、山中伸介委員は管理職のマネジメント能力不足に苦言を呈した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事