2018年7月16日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

//  面 

大阪・高槻市の現場。地震の影響で湧水が流入した恐れのある導管の調査を行う作業員

大阪北部地震の発生から3日目を迎え、約11万戸が供給を停止している都市ガスの復旧に向けた動きが本格化してきた。大ガスグループの社員に加えて、全国の都市ガス12事業者による復旧応援隊も含め、総勢4400人体制で6月25日の完全復旧を目指している。写真は、湧水が流入した恐れのある導管の調査を行う作業員(大阪府高槻市)




同じカテゴリーの最新記事