2018年7月17日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

[大阪北部地震]ガス供給網被災、25日全面復旧へ業界大で支援

2018/06/20  2面 

茨木市内で各戸を訪問しメーターガス栓の開栓作業を作業を行う大阪ガスの社員
茨木市内で各戸を訪問しメーターガス栓の開栓作業を作業を行う大阪ガスの社員
 18日に発生した最大震度6弱の地震で約11万戸の都市ガス供給が停止している大阪府内で、大阪ガスを中心とした事業者間の連携による復旧作業が加速している。大ガスグループの社員約2千人と応援要請を受けた全国の都市ガス事業者約900人が順次現地入りし、復旧に尽力。25日の完全復旧を目標に、ライフラインを取り戻す試みが続いている。
 茨木市見付山付近の住宅街では、大ガスの社員2人が都市ガス復旧に向けた第1ステップとなるメーターガス栓の閉栓作業を行った。都市ガスの供給を再開した際に、家庭内でガス漏れなどの保安上の問題が発生しないよう、あらかじめガスの元栓を閉めて安全を確保する作業だ。
 大ガスの社員は住所を確認しながら、住宅を訪問。住民の了承を得た上で、工具を使いながらメーターガス栓を「閉」にし、一件一件着実に作業を行った。応対した住民の女性は「食事は電子レンジやホットプレートで調理できるが、お風呂に入れなくて困った。ただ、安全第一なので仕方ないし、頑張ってほしい」と話した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事