2018年7月16日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

原産が社員総会、今井会長「プルサーマル着実に実施」

2018/06/19  2面 

あいさつする今井会長
     あいさつする今井会長
◆「海外の懸念払拭を」
 日本原子力産業協会は18日、2018年度定時社員総会を都内で開催した。あいさつで今井敬会長は日本が保有するプルトニウム量に触れ、「海外からの懸念を払拭するため、再稼働を進め、プルサーマルを着実に実施する」と強調。また、業界が優秀な人材を確保する観点から「夢を持てる研究開発が重要」と指摘。小型モジュール炉(SMR)など「イノベーションによる新しい炉にも取り組んで頂きたい」と参加者に呼び掛けた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事