2018年7月17日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

福島第二1~4廃炉へ、未申請は残り12基に/半年で7基が廃止判断

2018/06/19  1面 

◆島根3は審査申請に舵
 東京電力ホールディングス(HD)が福島第二原子力発電所1~4号機(BWR、各110万キロワット)の廃止を14日に判断したことで、新規制基準適合性審査の申請を行うか、廃止の意思を表明していない「未申請プラント」は全国で12基となった。この半年間で7基の廃止が決まり、未申請プラントは大幅に減少。2015~16年に運開40年前後を迎えた5社・6基の廃止が決まって以来の大きな動きで、国内原子力プラントの「廃止ラッシュ」が第2幕に入った形だ。
 この半年で廃止が決まったのは、昨年12月の関西電力大飯発電所1、2号機(PWR、各117万5千キロワット)、今年3月の四国電力伊方発電所2号機(PWR、56万6千キロワット)と、今回の福島第二の4基。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事