2018年7月16日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、超臨界CO2火力向け燃焼器の初着火に成功

2018/06/18  4面 

燃焼機の初着火に成功した超臨界CO2サイクル火力の実証機
燃焼機の初着火に成功した超臨界CO2サイクル火力の実証機
 東芝エネルギーシステムズは15日、排ガスから回収する二酸化炭素(CO2)でタービンを回す次世代火力プラント実証機向け燃焼器の初着火に成功したと発表した。実証機の名称は「超臨界CO2サイクル火力発電システム」。東芝エネシステムズは今回の燃焼試験で得られたデータを基に技術を確立し、30万キロワット級プラントの商用化を目指す。初着火に成功したことで商用化に向けて大きく前進したといえる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事