2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

自民安定供給議連「リプレース明記」訴え/エネ基本計画への提言を大筋了承

2018/06/15  2面 

「科学技術を前に進める必要がある」と強調する細田会長(左)
「科学技術を前に進める必要がある」と強調する細田会長(左)
 自民党の電力安定供給推進議員連盟(細田博之会長)は14日に都内で会合を開き、第5次エネルギー基本計画案への提言を大筋で了承した。より安全性と経済性に優れた原子炉へのリプレースや新増設を同計画に盛り込むよう求める。一方で再稼働のペースが遅く、2030年度の発電電力量比率20~22%程度の達成が危ぶまれている状況を打開するため、新規制基準適合性審査の迅速化・効率化や、再稼働の必要性に関する地元への十分な説明などが必要だとした。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事