2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

分電盤から使用量分析、センサーでデータ収集/東電PG子会社

2018/06/14  1面 

分電盤に接続された電力センサー。インターネットを介して収集したデータを分析・加工する
分電盤に接続された電力センサー。インターネットを介して収集したデータを分析・加工する
 東京電力パワーグリッド(PG)子会社のエナジーゲートウェイ(東京都港区、林博之社長)は13日、電力センサーと人工知能(AI)による機器分離技術を用いて家電などの電気の使用量を“見える化”するサービス・イメージを本社ショールームで公開した。
 分電盤に接続したセンサーで収集した電力波形から、個々の家電の使用状況を分析。居住者の生活状況を把握することで、エネルギーマネジメントや警備・見守り、損害保険、医療などの新サービス創出につなげる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事