2018年8月21日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

日立造船、洋上風力「浮体」を公開/北九州沖で実証事業

2018/06/11  4面 

  日立造船酒井工場で完成した洋上風力のバージ型浮体
日立造船酒井工場で完成した洋上風力のバージ型浮体
◆浅い海域に適用可能

 日立造船は8日、洋上風力発電システムの浮体式構造物を同社堺工場(堺市)で報道陣に公開した。浮体は水面下に沈む部分(喫水)が浅い「バージ型」と呼ばれるタイプで水深50メートル程度の比較的浅い海域に適用できる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による委託事業の一環として開発。9月頃に風車と組み合わせて北九州市沖に設置し、丸紅などと共同で進める実証事業に活用する予定だ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事