2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

KDDIと日立、IoT事業で協業/通信費が半額以下に

2018/06/08  4面 

協業を発表したKDDIの森常務(左)と日立の永野常務
協業を発表したKDDIの森常務(左)と日立の永野常務
◆日本企業の海外展開支援
 KDDIと日立製作所は7日、海外展開する日本企業向けのIoT(モノのインターネット)事業で協業すると発表した。各国共通の通信機を利用できるKDDIの基盤技術と日立のIoTプラットフォーム「ルマーダ」を連携して提供。従来方式と比べて通信費用を半額以下に抑えられるほか、回線管理なども容易になる。今後は日立産機システムの事業で試験導入し、2019年度以降に製造業やエネルギーなど幅広い分野で商用化する。
 海外に事業拠点を持つ日本企業がIoT機器を使用する場合、従来は高額の通信料金がかかるローミング方式で接続するか、海外の通信会社と個別に交渉して回線契約する必要があった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事