2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

安全審査ヒアリング、「事務確認」の認識統一/同一案件2回までに

2018/06/07  1面 

 原子力規制委員会は6日、原子力発電所の審査会合に向けた「ヒアリング」について、あらためて位置付けを明確化した。規制委側の判断を伝える場でなく、あくまでも事務的確認を行う場にとどめ、新規制基準適合性の確認は審査会合で行う。加えて、同一案件のヒアリングは原則2回までに制限する。これによって“生煮え”のまま審査会合に上がる案件が増える可能性もあり、原子力規制庁職員からは「審査会合の回数が増えるのでは」との指摘も聞かれる。
 ヒアリングは審査会合の準備という位置付けで、会合への付議に足る準備がなされているか、事業者の資料などを審査官が確認する。非公開で行われることから、議論誘導や事前調整の場といった疑念を抱かれやすく、更田豊志委員長が改善を求めてきた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事