2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

2017年度の再エネ比率、全国で最大5割超す/太陽光の導入拡大で

2018/06/06  3面 

 2017年度の全国10エリア需給実績が今月、出そろった。1時間当たりの需要電力量に対する再生可能エネルギーの比率は最大5割を超えた。3月25日に52.4%を記録し、前年度の最大を6.4ポイント上回った。要因は太陽光発電の導入拡大で、この時間帯も需要の4割を賄った。電力各社は揚水動力を活用するなど、メリットオーダーとは真逆の対応を強いられた。
 17年度の再生可能エネ(水力、地熱、バイオマス、太陽光、風力)発電量は前年度比13.7%増の1403億キロワット時で、需要の15.6%を賄った。太陽光は同28.0%増の508億キロワット時で、需要に占める割合は前年度の4.5%から5.6%に上昇した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事