2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

[攻防 電力・ガス自由化]大阪ガス、7月から電気代値下げ

2018/06/06  1面 

◆商店向けで8.2%安く
 大阪ガスは5日、7月1日から電気料金を値下げすると発表した。ガスとセットのモデルケース(再生可能エネルギー発電促進賦課金含まず)では、現行料金から家庭向けを約4.6%値下げするほか、飲食店や商店向けは約8.2%値下げする。今回の値下げで大ガスは、7月からの関西電力の値下げで縮小する見通しとなっていた価格差をおおむね維持し、割安な料金を顧客に訴求していく。
 ベースプランAの家庭用(月使用量260キロワット時)では、関電の従量電灯Aよりも124円安くなるが、従来の価格差である137円からわずかに縮小した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事