2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

東松島、交流人口拡大へ/東北電力「まちづくり元気塾」

2018/06/01  5面 

まちづくりパートナーを交えて地域の魅力や課題を付箋に書きだした
まちづくりパートナーを交えて地域の魅力や課題を付箋に書きだした
◆18年度活動が始動
 東北電力が展開する地域活性化支援制度「まちづくり元気塾」のうち、2018年度の支援団体である「有限責任事業組合まざ~らいん」(宮城県東松島市、三浦美和子代表)の活動がスタートした。東北電力から派遣された「まちづくりパートナー」とともに地域の課題とその解決策を探り、地元特産物などを生かしながら交流人口拡大につながる地域づくりを目指す。
 東松島市内でこのほど開かれた第1回「元気塾」では、「まちづくりパートナー」の菊池新一・認定NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク会長と宮原博通・地域環境デザイン研究所所長が「たくましい地域をつくるために人はどう動くか」をテーマに講話。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事