2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

東北電力東通原子力、村内2800戸へ訪問開始

2018/06/01  2面 

発電所員の説明に耳を傾ける東通村の住民
発電所員の説明に耳を傾ける東通村の住民
◆住民からは再稼働に期待の声
 東北電力東通原子力発電所は、青森県東通村内の約2800戸を対象とした全戸訪問対話活動を開始した。発電所員が各戸を訪ね、安全対策工事完了時期の見直しや新規制基準適合性審査の状況などを説明して回った。住民からは「工事完了時期の見直しは残念だが、一日も早い再稼働を望んでいる」といった声が聞かれた。
 この活動は毎年6月と12月の年2回実施。今回は、安全対策工事完了時期を2019年度から21年度に変更したことを表明したことを踏まえ、前倒しで開始した。今回の活動には発電所員約220人が参加。6月13日まで行う予定。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事