2018年8月19日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

//  面 

防潮堤に津波を当てて波圧を調べる実験の様子

電力中央研究所は、我孫子地区(千葉県我孫子市)で、津波に対する原子力発電施設や機器の頑健性を評価する実験設備「津波・氾濫流水路」を報道陣に28日公開した=写真。水路は長さ20メートル、幅4メートルあり、毎秒5メートルを超える速い波や、2メートル超の高波も忠実に再現できる




同じカテゴリーの最新記事