2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

九州電力川内2号、蒸気発生器を全基交換/搬入作業を公開

2018/05/29  2面 

陸揚げのため吊り下げられる蒸気発生器
陸揚げのため吊り下げられる蒸気発生器
◆一層の安全へ最新設計、耐食性高く
 九州電力は28日、定期検査中の川内原子力発電所2号機の蒸気発生器(SG)交換に向け、海上輸送で運ばれた新たなSGを構内搬入する作業を報道陣に公開した。4月23日から定期検査中の川内2号機では、SG3基全てを取り換える計画。耐食性に優れた材料を採用した最新設計のSGへ交換することによって、安全性、信頼性の向上を図る。巨大なクレーン船を用いた構内への陸揚げ作業では、吊り上げたSGを輸送船から大型トレーラーへ慎重に積み込んだ。
 新たなSGは長さが約21メートル、重さは約330トン。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事